ヒョータの愉快なハンガリーライフ

野宿しながらヨーロッパをバイクでくるくるした頭弱い系男子。ヒョータがここにあらわる。

125㏄のバイクでヨーロッパ一週チャレンジ!! 【本編⑩】さすがに疲れて一路オーストリア・ザルツブルグへ向かう途中、寄り道でホーエンヴェルフェン城へ!!

こんにちは。ヒョータです。

 

 

 

先月行ったSzolnokという町で見つけてうれしくなっちゃったので取った一枚。

f:id:Hyoutabi:20171121064849j:plain

鈴木 with SUZUKI

ちなみに奥に見える18と書いてある店はエッチなお店じゃない。あれはタダのタバコ屋である。

 

なんでもハンガリーにはSUZUKIの工場があるみたいで国内でも有名らしい。

どおりで自分の名前を伝えたら名前よりも名字で覚えられるわけだ!!wwww

 

最近面白いことはしたいし、した経験はブログで紹介しようと思ってはいるんだけど、いかんせん金不足である。あまり根城にしてるDebrecenから遠出できないのがつらいところだ。

 

 

さて。

 

怒涛の豪雨の中オーストリアの片田舎の駅でビバーク(といっても座って寝る授業中居眠りスタイルだ)をすることを決心した俺氏。

 

朝六時頃起きると隣には おばちゃんが座っていました。

 

「Guten Morgen」と優しい笑顔で言われたのでとっさに

「コンニチハ」と返した!!www

 

なんで日本語出てきたんだよwwww 

朝一番からドイツ語とか言う聞きなれない言葉聞いたせいだったんだろうなぁ。

しかも妙に英語のアクセント入った外国人っぽいコンニチハ。

もうすべてにがっかりであるwww

 

でもまあよかったね。危ない人じゃなくて。

 

それはともかく夜は暗くて見えんかった駅の外観を確認しようと外に出る。

幸いなことに外は完璧に晴れていた。まだ寒かったけど。

f:id:Hyoutabi:20171121065946j:plain

こんな感じでした。この時はよくわからなあったけど、後から調べて見たら

Spittal-Millstätter See railway stationって名前の駅やった。

ヨーロッパの駅って日本の駅みたいに、駅の前にデデーンって看板とかないからちょっと分かりにくい。

 

f:id:Hyoutabi:20171121070555j:plain

うーん、長野。。

オーストリアは山に囲まれた国である。山育ちヒョータからするとこれはとても落ち着く。

 

 

さて、実は昨日ガソリンスタンドにいるうちに、さすがに堪えて今回の旅初となるホステルの予約をした。

 

場所はオーストリアザルツブルグ

この日の旅の行程はこのような感じだ。

f:id:Hyoutabi:20171121070946p:plain

現在地から北に進む。。

 

移動中は山々山。。

登る登る下る下るで気持ちいけど寒い!!

f:id:Hyoutabi:20171121072611j:plain

オーストリアに入ってからは舗装が綺麗になり目に見えて走りやすくなった。

 

f:id:Hyoutabi:20171121072658j:plain

これはどっかで道を間違えて農道に入ってしあった時の写真。

この近くで羊に囲まれた時はもう諦めてここで寝てしまおうかとすら思った。

 

 

 

そんなこんなで移動ルート中にあった

ホーエンヴェルフェン城に立ち寄る。

 

 ここ。

 

 

f:id:Hyoutabi:20171121075903j:plain

遠くからでも「あ。なんかあるな。」って注視せざるを得なくなるほど目立つ

 

 

 

f:id:Hyoutabi:20171121072535j:plain

これは間違えて隣の山に登っちまってそこから取った写真

道間違えすぎwwww でもインターネットもないし仕方ないんや!www

 

 

 

f:id:Hyoutabi:20171121075939j:plain

ロープウェイはあったもののお金がかかるから足で登った。

なんであんな高いところに城なんて作ったんだよ!!観光者の身にもなれ!!

と頭の中で益体もないことを考えていたら城の一部っぽいところに到着。

 

f:id:Hyoutabi:20171121080217j:plain

結構歩いたよ。30分くらい。バイクなら5分もかからないような道やった。

くそー。体が寝不足のせいもあって重いぜ、、

 

f:id:Hyoutabi:20171121081337j:plain

公式サイト(Welcome to the Hohenwerfen adventure castle | Burg Hohenwerfen)

より借りました。中庭。

 

 

f:id:Hyoutabi:20171121081535j:plain

こっちも公式サイトより。

中は博物館みたいになってて、当時の生活ぶりや、この城の要塞としての歴史。さらに拷問の方法とかについても説明がされてました

 

人形がいちいち生々しいわ!!

 

城のイメージはイメージはハリーポッターホグワーツみたいな感じ。

まあホグワーツのほうが立派に見えるけどそらそうだ。

だって映画だもん!!wwwww

f:id:Hyoutabi:20171121082347j:plain

 

こんな感じでホーエンヴェルフェン城を楽しんだ後、またザルツブルグに向けて出発したのでした。

 

あ!あと書き忘れてたけど、クロアチアスロヴェニアあたりで

距離メーターいかれました。

SR125には給油系とかついてないからメーターから算出しなきゃいけないんだけど、

ここからは給油はノリと雰囲気でやることになった。

さらに楽しみにしていた精密な総移動距離の算出が不可能になった。

 

もう泣きっ面にトマホークミサイルもあったものではない。

とりあえず僕から未来ある君たちにできるたった一つのアドバイス

中古のバイクは絶対買うな!!

何回も言いましたが何回でも言いますww

これこそが今回の旅での一番の教訓である。あんまり役に立たねえwwww

 

 

では!!

 

戦闘機好き必見!! Szolnokにあるハンガリー空軍の武器博物館に行ってきた!! 【Mig初めて見た!!】

nこんにちは。ヒョータです。

 

こんなニュースが出てきて笑ってしまった。

headlines.yahoo.co.jp

 

空にチンコ描いて怒られるとかエピックすぎて笑うわwww

 

 

戦闘機のパイロットってなんでかこういう破天荒な人が多いイメージあるよね。

俺がこのイメージを持ってしまったのは大体この映画のせい。

 

f:id:Hyoutabi:20171119101634j:plain

トップガン

トムクルーズ主演の昔の映画。

これに出てくるパイロットも相当だったわ。

 

 

さて。

 

今回の記事を書くためにとってもタイムリーな「アメリカ海軍おちんちん事件」はおいておいて、

 

このハンガリー空軍博物館に行ってまいりました

 場所はここ。Szolnokという地方都市にあって、Budapestからだと電車で一時間くらいかな。

 

 

実は俺。ミリタリーオタクなのだ。

 

そんなに詳しいというわけでもないけど、飛行機とかロボットとか大好きである。

三年前の日本一周の時もそんな感じで日本全国の零戦戦争博物館を回ることが第一目標だった。

 

f:id:Hyoutabi:20171119102502j:plain

写真は零式艦上戦闘機三二型である。こいつは他の零戦と違って翼が短いのとか、カクカクしてるのが特徴だから分かりやすい。スピードは上がったけど航続距離(燃費みたいなもんだと思ってくれ)が短くなってあんまり評判がよくなかったとか。

 

日本には八機ほど残っている。静岡の夏限定公開の博物館は残念ながらいけなかったんだけど、それ以外は全部見たはず。

 

水先案内人はこの写真の真ん中の子。

f:id:Hyoutabi:20171119103100j:plain

ロシア人のミハエル君。今は寮でルームメイトである。

右はヨーロッパ一周編でおなじみ。Bence(階級・神)

 

ハンガリーで生まれ育ったからハンガリー語は完璧だしロシア語も話す。英語ももちろん余裕だしドイツ語も話せるらしい。お前誰だよ‼wwww

ちなみに好きなアニメは俺ガイル。俺と一緒。

 

肝心の中身だが

f:id:Hyoutabi:20171119103536j:plain

超充実してました!!

 

しかもこの日、たまたま第三日曜日で入場料タダでした。

うーん。ヨーロッパ一周で全く舞い降りなかった神がここで姿を現したようだ。。

ただ、仮に払わなければいけなかったとしても、そんなに高くないから安心してくれ!

いくらか忘れたけど。www(ごめんw)

 

f:id:Hyoutabi:20171119103835j:plain

 特に屋外にずらー――っと並ぶMigシリーズは一見の価値あり!!

 

Migだぜ?Mig!! 日本じゃどう頑張ってもお目にかかれはしないだろう。

(Migってのはアメリカと軍事的にライバルであるロシアの戦闘機。日本はアメリカと仲がいいからアメリカの戦闘機を使っている。F-15とかF-4とか聞いたことがあればそれだ。それらはアメリカ製、またはアメリカから許可もらって作ってる日本製だ。)

 

というのも。ハンガリー第二次世界大戦後、旧ソ連の影響下に入っていた

その名残でハンガリーではロシア系の戦闘機を使っているのである。ちなみに現在は北欧で作ってるグリペンって戦闘機を主力として使っている。残念ながらこれは展示されていなかった。(好きだけどそんなに詳しいわけじゃないから詳しく聞かないでwww)

 

f:id:Hyoutabi:20171119110631j:plain

コクピット試乗体験とかもやってた。

 

ただ僕はF-2戦闘機に乗っけてもらったことがあるし、今回これは有料だったのでナシ。

f:id:Hyoutabi:20171119110844j:plain

F-2戦闘機に乗せてもらっている俺氏。間違いなく貴重体験だった。www

 

f:id:Hyoutabi:20171119110932j:plain

懐かしすぎ。これは確か一年前。このタイミングじゃないとこの写真使い道無いから無理やりねじ込みました。笑

 

 

 

屋内もこんな感じでかなり見ごたえがある。

 

 

f:id:Hyoutabi:20171119104635j:plain

 

f:id:Hyoutabi:20171119104714j:plain

二次世界大戦~冷戦までの戦闘機や試験機も展示されていた。

僕はジェット機よりもプロペラ機が好きなのでこっちのほうが見ていて飽きなかった。

 

f:id:Hyoutabi:20171119104841j:plain

中には無人機も!ドローンってやつなんだろうか。お金が無くなって開発中断的なことがボードに書いてあった気がするが、ここに行ったのは1か月くらい前なのでしっかりとは覚えていない。すまんが自分で行って確認してきてくれ!!wwww

 

f:id:Hyoutabi:20171119105104j:plain

 大戦時、ゼロ戦がボコボコ落としたと思われるヤコブレフ戦闘機の残骸。

 

 

設備も思った以上に現代的で、すべての案内ボードに情報を読み取ることができるようにQRコードがつけられていたり、コックピット内の様子をVRで体験することも可能となっていた。ハイテクである

 

f:id:Hyoutabi:20171119105529j:plain

VRコクピットを体験しているミハエル君。終わった後、

「俺がSAOに入っても酔っぱらうだけだわ。きちい」と感想を漏らしていた。

確かにあのゲーム酔いそうwww

 

 

こんな感じでかなり遊べる内容になっていた。もちろん案内はすべて英語表記アリだ。さすがに日本語はなかった。「Is there any Japanese explanation??(日本語の説明作れよ)」って聞いたら「That can't be(ねーわw)」っていわれた。

 

ハンガリーに来て、ワインも飲んで夜景も見てやることない――!ってなったら、SzolnokでMig戦闘機群を見るのもアリだと思うで!!

 

f:id:Hyoutabi:20171119110313j:plain

Szolnokの駅。人はまあまあいたかな。町は治安は悪くなさそうだった。

 

 

 

では!!

 

 

125㏄のバイクでヨーロッパ一週チャレンジ!! 【本編⑨】久しぶりの国境越え!!オーストリア入国!!大雨により今旅初の駅野宿!!

こんにちは。ヒョータです。

 

もう10月のことになるけど、馬乗ってきた。

f:id:Hyoutabi:20171117080257j:plain

牧場ってヤバいね!!いろんな動物がたくさんおったで。

ハンガリーでは馬乗りが盛んで、ほとんどの人は馬乗りをしたことがあるのだそう。

そういえばハンガリーの田舎のほう行くと普通に馬使って荷物運んでるわ。w

 

 

さて。

 

スロヴェニアのサバ川でLGBTの人たちと別れ、ブレッド湖も見て大満足な俺氏。向かうはオーストリアである。

f:id:Hyoutabi:20171117080742j:plain

こんな川をすぐ右側に見ながら国道を進んでいく。

スロヴェニアは本当にツーリングに適した国だと思う。

 

 

国境が近づくにつれて山が大きくなってくる。

スロヴェニアオーストリアの国境は山である。越境するということはそのまま山越えをすることを意味するのだ。

 

一番最初に越境を試みた地域はなんと高速道路(もちろん有料)だったため断念。

ガソリンスタンドの店員に聞いてみたところ「ここから20㎞くらい言ったところに一般道でオーストリアに抜けれる道があるぞ」と教えてくれたのでそちらを目指すことにする。

 

ガソリンスタンドのおっちゃんですら英語ちゃんと話してくれるもん!!

スロヴェニアの英語浸透度はかなりのものだ。

 

 

さて、20㎞の道は、スキー場のような施設がたくさんある道だった。

写真ねーなぁ。いやまじちゃんととるべきだった。後悔。

 

んで。スロヴェニアオーストリア国境

f:id:Hyoutabi:20171117082255j:plain

なんで!!wwww

 

結構標高高かったよこの国境地点www運んだの?分からなすぎるwww

ちなみにスロヴェニアオーストリアシェンゲン協定国内なのでパスポートなしで行き来が可能だ。便利!!

 

f:id:Hyoutabi:20171117082524j:plain

一緒に写真撮っちまったぜww このころになるとハチに刺された痕もだいぶ収まってきた。髪型汚いのは許して。ずっとヘルメットかぶってたらこうなる。w

 

 

そんなこんなで下山開始。

滅茶苦茶怖かった!!

 

山は急だし、カーブは多い。まあこれは仕方ないんだけど、何より路面が小雨で湿ってるし、なんか変な凹凸が道路に刻み込まれている。

 

小さい刻みなんだけど、バイク乗りからしたら恐怖そのものだ。

まじで超気を付けながら運転した。国境地帯だから車も多いし事故ったら一大事である。

 

んで下山時の写真がこれ。

f:id:Hyoutabi:20171117083048j:plain

うーん!!気持ちいい場所やね!!

 

オーストリア第一印象は長野。

 

もう山の雰囲気とかそっくりだった。

こんなん右側通行の長野だわ。

 

まあでも悲劇はここからだったね。

 

大雨襲来。

 

もうそりゃ凄かった。寒い寒い。

ブーツの中は足の甲まで浸水してるし、雨具来てるのに仲間でぐちょぐちょだし、体温はことごとく低下。

 

それでも頑張って、ここまでは走った。

 そういえば地図埋め込めるようになりました!!www

HTMLってのをつかうらしい。もっと勉強しないといかんね。

 

 

11時まではマクドナルドで体温回復に努めた。

八月であの寒さはあり得ない。死ぬかと思った。

ちなみにここのマクドナルド。

レジのほかにクレジットカードが使える自動券売機もあって最先端行ってました。

もちろん英語対応。ここまでずっと後進国で、こういうものとは無縁だったけど、

ああ。先進国に入ったんやなぁ。と思い知りました。

物価も高くなったしね!!

 

マクドナルドが閉店間際になっても雨は弱くならない。それどころか強くなってる。

こんな状況じゃあテントなんて張れないし、どうしようか途方に暮れていた時に

 

24時間ガソリンスタンドを発見!!

 

さて、休憩させてもらえないか交渉だ!!

 

日本から来たこと。バイクで世界一周中だということ。雨が降って野宿ポイントが探せないことを端的に伝える。

 

「休むのは良いがここでは寝れないぞ!!雨が弱くなったらほかのところ探しな!!」

まあ順当な反応である。

 

結局ここに午前三時までいさせてもらった。感謝の言葉もない。

 

三時になると雨脚も弱くなってきたので移動。

移動先は。。

 

駅である。

 

f:id:Hyoutabi:20171117084809j:plain

ここの椅子で居眠りスタイルで寝ました。

今回の旅では駅野宿は初。オーストリアは治安がいいから大丈夫と自分に言い聞かせての行為だ。

 

 

本当は野宿のポイントとして、駅ってのはあんまりいい手段じゃない。

気が乗らなかったがもうすでに夜中の三時だし、ほかに場所を探す気力もなかった。

野宿については記事を三つ書いてるので参考にしてほしい。

hyoutabi.hatenadiary.jp

 

 

心の中でスロヴェニアに帰りたい。ZLOMやORANGEFAMILYとお酒飲みながらお話ししたい。。マクドナルドは言ったあたりからずっとそんなこと考えてたわwww

 

 

f:id:Hyoutabi:20171117091504p:plain

この日の移動経路。

 

まあでも、

悪い経験って、いい経験のための香辛料だよね。

 

全部が全部嬉しいことやいいことだったら、それ素晴らしいことだってことに気づけなくなっちゃう。

日本ではインターネットがどこでも使えるけど、その有難さに気づいたのはヨーロッパに来て、Wi-Fiのあるところでしかネットが使えない不便さに気が付いた時だ。

日本ってやべーな。と。

 

その「日本ヤバい」に気づかせてくれたのは他でもない、海外に出た時や、旅で不便を被った時なのだ。

不便や悪いことを経験した時、本当に便利なことや素晴らしいことに気づくことができるんだ。

 

 

これはまた世界が広がったことを意味する。すべての事象は僕たちの世界を広げる香辛料なのだ。みんな。身の回りにある貴重な香辛料。見逃すなよ!!

 

 

では!!

 

 

 

【やあ。久しぶり。】ハンガリーの空港からブダペストってどうやって行くの? 不安な道のりを徹底解説!!

こんにちは。ヒョータです。

 

 

ごめん。超謝罪。

思った以上にゴタゴタしててブログ書けんかった。笑

 

12月中旬ころまでは不定期になるかもしれないー。

まあでもできるだけ頑張って書きますので生暖かい目で見守っててくださいな!

 

さて!

 

今日はリハビリも兼ねて、軽くハンガリーの交通手段。

空港→Budapest市内間の移動方法を説明しよう。

 

まあ安心してほしい。

リハビリで書けるくらいには簡単な道のりだ。

f:id:Hyoutabi:20171116075820j:plain

こんな脳みそ空っぽ系男子の俺でもできたから君なら余裕だぞ。

 

 

ただし

 

ハンガリー英語話者がちょっとだけ少ない。道に迷ったりしたらちょっと大変かもしれないのである程度自分でしっかりと道のりを確認しておくことが重要だ。

まあ仮に言葉通じなくてもハンガリー人優しいから、なんとか教えようとしてくれるから安心しろ。死にはしない。

 

 

①BudapestのLiszt Ferenttsz空港に降り立つ。

f:id:Hyoutabi:20171116080038j:plain

リストフェレンツ空港はハンガリーで一番でかい空港だ。もう一つDebrecenという俺が住んでる町にもあるけど、そっちは多分使う人いないし割愛♥

ちなみにリストってのはハンガリー出身の音楽家の名前。やめろその鳥取コナン空港みたいなノリ。

 

降りたって入国審査終わって出てきたら右側にコンビニっぽい何かがあるエントランスに出るはず。目の前には出口があるのでそこから外へ出るのだ!!

 

【余談!!】

Budapestでたくさんバスやトラムを使う予定があるなら、ここで24時間券か72時間券買っとくといいぞ!!

たしか1700Huf(800円弱)くらいじゃなかった?ごめん覚えてない。www

 

 

 

②空港から脱出する。

 

出口を出てちょっと左側に進めばドラえもん色のバスが泊る停留場がある。

そこから200Eという表示のあるバスに乗ってくれ。代金は確か400Huf(200円弱)くらい。

一日券を買ったのであればお金を払う必要はない

f:id:Hyoutabi:20171116080851j:plain

余談だがハンガリーのバスは運転がめっちゃ荒い。よくお婆ちゃんがバスの中で吹っ飛んでる。座れるなら座る(椅子もかてぇwww)。立つなら掴まれるところの近くに立つのだ。

 

 

これに乗ると、なにやら途中で駅やらショッピングモールやらHONDAやらを通過するが最後まで下りるな。

終点こそが君の降りる場所だ。

 

③謎のショッピングモールに着いたら地下鉄に乗り換えろ!!

 

終点はKobanya Kispest(クバーニャ・キシュペシュト)でショッピングモールとバスターミナルが一緒になっている施設だ。ハンガリー版イトーヨーカド―と思ってくれれば間違いない。

f:id:Hyoutabi:20171116082252j:plain

公式サイトより。 弘前にもこんなのあるよなー。東京に5000円で夜行バス出てるし。

 

ここに着いたらとりあえず看板に従って歩くのだ。

f:id:Hyoutabi:20171116082457j:plain

こんな渡り廊下があるはず。天井にそれっぽい看板ついてるので迷うことはないだろう。

一日パスを買ったのであれば地下鉄にそれ以上お金を払う必要はない。

 

f:id:Hyoutabi:20171116082548j:plain

地下鉄と言ってもこの時点では屋外である。間違えないようにしよう。

また、この電車。ドアの閉まりが異様に激しい。ギロチンである

間違っても首とか切断されないように気を付けること。

f:id:Hyoutabi:20171116083202j:plain

車両の中身はこんな感じ。ドアギロチン以外は普通である。

 

 

あとはもうお好きなように動くといい!!

まあDeak Ferenc Terで降りれば大体Budapestの中心街なので間違いないんじゃないかな?

 

最後に

f:id:Hyoutabi:20171116083138j:plain

各駅にはこんな感じで改札があるので、一回券を買った人はここでチケットに打刻すること。それぞれの駅に結構な割合でチケット検査官がいて、提示を求められる。

この時に打刻したチケットを見せよう。

一日パスを持っている人はそれを見せるといい。

 

これで君は空港からBudapestの街中に来る術を得たわけである。

あとはのんびりBudapestを観光してほしい。

 

宿は日本人宿があるので使ってみるのもいいだろう。

hyoutabi.hatenadiary.jp

 

では!!

 

すんません!今イギリスでござる!7日まで更新できません!

すいませんタイトルの通りです!!

面白い記事書くので許してください!!

125㏄のバイクでヨーロッパ一週チャレンジ!! 【本編⑧】 オーストリアに向けて出発!! 川で洗濯と体を洗っている時。やつらが表れた!!

こんにちは。ヒョータです。

 

11月2日から三日間ロンドンにプラプラしに行ってきます。なんかオススメとかあれば教えてくださいな。

 

 

 

 

さて。

 

スロヴェニアでお世話になったバイカーグループと涙ながらの別れを終え、旅に復帰。今日の目的地は国境を越えてオーストリアである。

f:id:Hyoutabi:20171030082620p:plain

スコーピオンのイベントはスロヴェニアのかなりクロアチアサイドで行われたためリュブリャナよりもさらにオーストリアへは遠くなっていた。

 

 

途中プラプラ寄り道もしながら一路オーストリアを目指す。

f:id:Hyoutabi:20171030082913j:plain

スロヴェニアは山と川に恵まれた自然豊かな国だった。

なかでも国内を流れるサバ川はどこよりも綺麗だったと思う。

 

f:id:Hyoutabi:20171030083133j:plain

川。

 

f:id:Hyoutabi:20171030083243j:plain

釣り人も少ないようで魚が目視できた。小魚から大きめの魚までバリエティは豊富だった。

 

 

f:id:Hyoutabi:20170926163430j:plain

しかし事件はここでおきた。

 

このサバ川で水着一丁になって体を洗ってる時であった。

なんと、チンコを勃起させた男屈強な男たちがこっちに近づいてくるじゃないか!!

その数三人。

 

僕は体中アワだらけ。向こうは屈強なチンチン丸出し。

意味不明である。

 

何かしらの対応をしなければいけないと思いつつ、今起こっている構図を頭の中で想像してしまって、それがあまりにも愉快すぎて動くことも忘れてボケーっとしていたwww

f:id:Hyoutabi:20171030084412j:plain

イメージとしてはこいつらが全裸になってると思ってくれればいい。

そんなアルマゲドン嫌だわwwww

 

彼らの最初の一言も痛烈であった。

「Are you also gey??」

 

Alsoってなんだよwwwwお前らゲイさんだったのなwww

おい!一番左側のやつ!!俺の前でチンコしこり始めるな!!

 

とりあえず、今ヨーロッパ一周中で、人気のない川を見つけたので、シャワー代わりに川で体を洗っていたのだと説明。さらにこちらはヘテロでありそっちの気もないことと、それでも彼らのジェンダーは尊重する旨を説明。

 

すると彼らは

「なんだ、そうだったのか!こんなところにいるもんだからお前もそういう奴だと思ったよ!!」

 

と笑い始めた。うん。どうやら彼らは普通のゲイだ。中にはアグレッシブな恐いゲイもいるのだがこの人たちはそうじゃないみたいでよかった。

 

どうやらここら辺一帯は、LGBTの人たちのヌーディストリバーサイドだったらしい。

彼らは時々ここにきて何かを誰かと楽しんでいるということだった。

 

「何か」がなんなのかはあえて聞かないことにしたwww

 

まあなんだ。こうしてクロアチアで達成できなかったヌーディストビーチに行く」という目標を全く予期しない形で達成してしまった。

ちがう!!そうじゃない!!俺は裸の金髪美女が見たかったんだ!!wwww

 

ちょっと楽しくお話ししてからお別れした。一人が無許可で俺のチンコ触ってきたときはさすがにヤメロって言ったけど。

LGBTだからって無許可でチンコ触ってくるってさすがにナシだろ。彼らのキャラクターは完全に許容できるがそういうところはしっかりしてほしいものだ。しっかり自制してらっしゃれる方々にまで風評被害が及んじまうんでね―の。

 

 

そんなこんなでバイクにまたがって再出発。

 

途中。Bled湖がルート上近かったので寄ってみた。

f:id:Hyoutabi:20171030085844j:plain

超きれいである。湖沿いに道路が一周伸びていて回れるようになってた。

スロヴェニアにいったら是非とも訪れてほしいスポットだ。間違いはない。

 

以下観光サイトより。(英語)

http://www.bled.si/en/what-to-do/winter-fairytale-in-bled

f:id:Hyoutabi:20171030090225j:plain

ロープウェイで眺めがいいところまで連れてってもらえたはず。俺はお金ないので遠慮し解いたけど。まじでお金はちゃんと用意していこうね!!後悔するゾ!!

 

f:id:Hyoutabi:20171030090345j:plain

冬のブレッド城。なんだこれヤバすぎだろwwww

 

またブレッド湖のすぐ近場にあるヴィントガル渓谷もオススメらしい。

 

<iframe src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d30082.377198321108!2d14.08026672300308!3d46.37536418588816!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x477a90ef63193aa1%3A0x22bdc5923816ddea!2z44O044Kj44Oz44OI44Ks44Or5bOh6LC3!5e0!3m2!1sja!2shu!4v1509321956337" width="600" height="450" frameborder="0" style="border:0" allowfullscreen></iframe>

 

f:id:Hyoutabi:20171030090815j:plain

公式サイトより。(vintgar.si)

 

らしいというのも、俺。入口までたどり着いたものの、エントランスがクレジットカードを受け付けないという神仕様であったおかげで入場がかなわなかった!!www

 

最寄りのATMまで7㎞以上あるということだし、ここに来るまでも相当山道なので、絶対にお金はしっかり用意していくこと。

 

ヨーロッパって意外とカード受け付けない。俺おんなじ失敗ここと、ドイツでも一回やらかしてるから本当に心から気を付けてほしい。現金は少なくてもいいから持ち歩くべきである。

 

 

さて、ヴィントガルにお金がなくて入れないという愉快な思いをした僕は

またバイクにまたがりオーストリアまでの道を急ぐのであった。

 

 

 

つづく。

どうやって英語を習得する?? 楽しく実践的な英語リスニングをする方法を公開!!

こんにちは。ヒョータです。

 

さっきまで、椅子から頑張っ立ってウンコをするか、それとももうここで諦めて漏らしちまうかとかいう意味不明な二者択一で迷っていた。

疲れてるのかもしれないwww

 

 

 

さて。

 

 

英語をどうやって習得するかであるが、そんなの正直

使うだけである。

 

もう本当これだけ。使ってるうちに分からないこととかも分かるようになってくるし、これに限る。

 

友達に英語を勉強したい人がいるなら日本語禁止でやってみればいいし、近場に堪能な外国人がいるのであれば使わない手はない。(口が悪いwww)

 

 

さあ頑張ってくれ。では!!

 

 

。。。嘘だよ。さすがにこんなでたらめな記事書かない。

 

多分そんなこと言われなくても分かってたよね。特に一般会話なんて中学生レベルの英語を知ってたらそれで充分そのうえで高校レベルの単語力があればまず問題なく会話を成立させることが可能だ。

 

ただし!問題はリスニングなのだ。相手が何を言ってるか分からない。これが問題として大きい。と感じる人は少なくないだろう。

 

そしてこの問題。思ってる以上に深刻なのだ。

だって。聞けない以上、こっちが延々と話しっぱなしで、向こうの話が全然頭に入ってこないんだから。www

 

四か月前の俺がそうだった。フィンランド人の友人曰く「お前結構話すからそれなりに英語できるんだと思ってたけど、俺の言ってること全然理解できてねーじゃねーかwww」

f:id:Hyoutabi:20171029101159j:plain

フィンランド人のエリアス君。英語が堪能で彼といると本当に英語の勉強になった。もう帰っちゃったけど。

 

いや。ごめんて!!www

どうにもならないんだってwwwこんなの感覚の問題だから、俺の耳が英語に慣れてくれるまでひたすら聞き続けるしかなかったのだ。だから「3か月待ってくれや!!そしたら分かるようになるから!!」と言ってごまかすのであった。

 

さて、約束したからにはそれなりに頑張らないといけない。だから僕はリスニングに力を入れることにしたのだ。

 

今日のメイントピック。リスニングスキルのあげ方について、ここから書いて行くゾ。

 

 

そりゃもうアニメでしょ!www

間違いない。これだ。

アニメの英語吹き替え版を見るのだ。

しかも日本のアニメはヨーロッパでは大人気なので見ておくと話のタネになる。

下手したら、アニメ談議で英語を勉強できる場面すらある。余裕があれば英語吹き替えじゃなくてもいいので見ておくといいだろう。(その場合はボキャブラリーを増やすために英語字幕と一緒に見るといいかも。英語の言い回しがわかって大変勉強になる。)

僕が英語で見たアニメを今から紹介しよう。

 

 

1、ソードアート・オンライン

おすすめ度 ★★★☆☆(英語教材としてのおすすめ度ね)

むずかしさ ★★★☆☆

f:id:Hyoutabi:20171029102145j:plain

かなりしっかりと発音してくれてるし、ストーリー的にもそんなに難しい言い回しが使われていたわけでもなかったので非常にいい教材だった。声の雰囲気も原作に似せるようにかなり工夫されている。ぜひ英語版を見てほしい。

 

 

さらにソードアートオンラインには超有名なファンベースパロディがあるのでこちらも一緒に紹介しておこう。

 

 Sword Art Online -Abridged-

  おすすめ度 ★★★★★

  むずかしさ ★★★★☆

www.youtube.com

 

870万回も再生されてるwwww 正直言ってちょっと難しいが、うれしいことに字幕を付けることが可能。発音や言い回し、話し方などは完全にネイティブのそれをちょっと皮肉っぽくした感じである。何よりもストーリーが面白い。一部では原作を超えたともいわれ、熱狂的なファンまでいるという。もはや二次創作の域を超えてるんだよなぁ。。さらに、面白いことに、人気すぎて字幕が33種類もあるのに、その中に日本語字幕が含まれていないということだ!!なんでや!!

 

 

2、機動戦士ガンダムUC&鉄血のオルフェンズ

おすすめ度 ★★☆☆☆

むずかしさ ★★★★☆

f:id:Hyoutabi:20171029104120j:plain

ガンダム好きだから英語で見てみたけど。控え目に言って無謀だった

考えてみてください。「スペースノイド自治権確立とか」「希望の象徴。可能性の獣。。」とか「阿頼耶識システム起動」とか英語でやられてもついていけるわけがない。wwww

面白いアニメかどうかと英語の教材としていいかどうかというのは別であった。。!無念!! ただ、上級者向けとしてはかなりいい素材かも!!俺も今ならちょっとはわかるようになった。

 

3、Fate/Zero

おすすめ度 ★★☆☆☆

むずかしさ ★★★★★

f:id:Hyoutabi:20171029105011j:plain

これもガンダムと同じで無謀だった。でも英語はガンダムよりも聞き取りやすくてそれなりに手ごたえのあるアニメだった。ふざけるな!ふざけるな!バカヤロウ!!上級者向け。

 

 

4、インフィニットストラトス

おすすめ度 ★★★★★★

むずかしさ ★☆☆☆☆

f:id:Hyoutabi:20171029105703j:plain教材としてこんなにいいもんはないね!!

 

まずストーリーだが、何もない。主人公と女の子たちが延々といちゃいちゃするだけである。アニメとしては面白くねぇ。。だから難しいことを気にしないただただ英語に集中することができる

 

さらに特筆すべきはアニメに中でヒロインたちが話す英語のアクセントだ。

例えば、フランス人のシャルという女の子は、英語に強めのフランス訛りが入っている。ドイツ人のラウラも同じくドイツ訛り気味。イギリス人のセシリアはイギリス英語だし本当にそれぞれの英語にクセがある。

 

つまり、彼らが話す英語はヨーロッパで実際によく聞く活きた訛り英語なのだ。

 

英語を勉強してない人にでもとりあえず各国の訛りがどんなものなのかを知ってもらうために見てもらってもいいレベルの傑作教材だ。是非とも活用してほしい。

 

 

 

 

いかがであろうか。

 

 

英語なんて馬鹿みたいに勉強して覚えて苦しむ必要は全くない。楽しく覚えられるものだ。実際そうやって英語を使えるようにいなった例がここにいる。(ヒョータ住所不定無職。)

俺が英語に関して苦労した(している)のはこのリスニングという分野だが、これに関してすらこうやって楽しく乗り越えている。英語で苦労したことなんてほぼないのだ。

みんなも、

英語が大変ってイメージを何とか振却してほしい。

 

こんなん続けてやってればそのうちだれでもできるようになる

誰が英語の習得は大変だーとか挫折を経験しないとできるようにならないーって言ったの?www 嘘っぱちだよ!www

 

是非。英語を嫌わないで、楽しく習得してみてほしい。できるよ。少なくとも俺はそうやってできた。

 

君も英語を勉強して世界を広げよう!!

 

では!!

 

 

あああああ!!!

よかったら皆さんの英語っていうものに対してどう感じてる?? やっぱりとっつきにくい??よかったら教えてください。 下のコメント欄にみんなの英語に対しての気持ちを書いてみてください!!

 

ではでは!!